茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

下肢障害のケースで,後遺障害診断書の修正を医師に依頼した事例

被害者様は,「股関節脱臼骨折」等の下肢障害を受傷しました。

交通事故による受傷後,下肢の痺れや動きにくさを訴えるようになりました。

当事務所でご相談を伺った際にはすでに後遺障害診断書を作成していましたが,内容を拝見すると,被害者様が訴える下肢の障害内容が十分に反映されているとはいえないのではないかと思われる点が散見されました。

そこで,当事務所でも被害者様から日常生活等の状況を詳細に伺い,問題点を整理した上で,被害者様に同行して改めて病院を受診しました。

そして,被害者様の病状について再度チェックしてもらったところ,当初の内容から修正が必要であると担当医の方に判断いただき,病状について修正してもらうこととなりました。

自賠責における後遺障害等級認定手続は,基本的に書面審査で行われるため,正確な病状を後遺障害診断書等に記載してもらうことが重要になります。

今回は後遺障害等級認定申請手続を行う前にチェックすることができたために,正確な病状を反映することができました。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作