茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

中間利息控除の基準時

【逸失利益の算定と中間利息控除(ライプニッツ係数)】

交通事故において後遺障害が残った場合,逸失利益の算定が問題となります。

そして,逸失利益の算定にあたっては,中間利息控除(ライプニッツ係数)を行うことになります。

【中間利息控除(ライプニッツ係数)の基準時】

問題は,中間利息控除の開始時をどの時点と考えればよいのかということです(中間利息控除の基準時の問題)。

この点は確立した裁判例はなく諸説ありますが,概ね以下の説が挙げられます。

  • 事故時基準説【交通事故時を開始時期とする見解】

  • 症状固定時基準説【後遺障害の症状固定時とする見解】

①事故時期基準説によれば,中間利息控除の範囲が拡がることになり,被害者に認められる損害額合計は少なくなってしまいます。

また,①事故時基準時説によると,逸失利益のみならず,その他の治療費や休業損害まで中間利息控除の対象となってしまい妥当ではないといえます。

そこで,被害者の立場からも,また理論的にも,②症状固定時基準説が妥当というべきであり,この考え方に基いて主張するべきといえます。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作