茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

実際の収入が把握できない場合はどうすべきか?

事業所得者が交通事故に遭った場合、休業損害の基礎となる収入額の算定は、原則として前年の確定申告額に基づいて行います。しかし、事業所得者は様々な働き方をしていますので、前年の確定申告による算定では実質的な賠償が受けられない場合は、特殊事情を示して、これによらない計算を行う事ができます。

例えばプロ野球選手、芸能人などは、収入が年度によって大きく変わります。この場合、数年間にわたる収入を調べ、その平均を算出するというような計算が行われます。

 

しかし、収入がいくらあったという証明は必ずしも容易ではありません。領収書が全て揃っているわけはなく、本人すらいくら収入があったのがきちんと覚えていないというケースもあるからです。

では、そのような場合はどうすればよいでしょうか。

実務では、賃金センサスにより、年齢、職種、性別、学歴、勤続年数等の属性が最も近いものを探し、その平均年収を365で割ったものを1日の基礎収入とします。また、事故被害者に特殊事情があればそれを加味して増額、減額を行い、属性に際しても特殊事情を考慮にいれることがあります。

裁判例では、うどん屋とダイビングショップの両方を経営していた男性が確定申告を行っていなかった事案で、男性が裁判で提出した帳簿は信用できないとしてこれを排斥しつつ、ダイビングショップの繁盛具合から、男性は大卒程度の稼働能力があったと認定し、大卒という属性に基づいた平均賃金を基礎収入額として算出したものがあります。

 

事業所得者の場合、きちんと帳簿をつけ正確な確定申告を行っている方が多いとはいえません。その賠償額の立証は困難なものがありますので、お困りの方はお気軽に専門家にご相談下さい。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作