茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

休業中の有給休暇の取得

交通事故に遭い、治療をしている間に有給休暇を使われる方は多くいらっしゃいます。

有給休暇を使えば給料は入りますし、普段はなかなか取りづらい有給休暇も事故の治療という理由であれば心理的に消化しやすいでしょう。

 

しかし有給休暇を使用すると給料が支払われます。そうしますと、この部分は損害が発生していないとも考えられます。そこで、有給休暇を使用した事については損害を請求できないのでは?と心配なさる方がいらっしゃいます。

 

しかし、有給休暇は原則として自分の意思で自由にとることができるものです。これを事故があったためにとらざるを得なくなったわけで、本来であれば娯楽などの時間に充てられたものですから、これも立派な損害となります。裁判所も保険会社も、有給休暇を使い治療に充てた日数は休業日数としてカウントするのが通常です。また、自賠責保険にも有給休暇を損害とする規定が設けてあります。

 

なお、通常は有給休暇1日分の取得を休業1日分の損害として計算しますが、少数ながら、有給休暇の取得を財産的損害として考えず、慰謝料として実質的な賠償を行なおうとする裁判例もあります。この立場によれば、損害額は少なく見積もられることとなるでしょう。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作