茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

CRPS(RSD、カウザルギー)の後遺障害等級

TOPにもどる ▶ 「全身」のページへもどる

症状

治ったはずなのに強く痛む、怪我をした場所とは違う部分が痛む

CRPS(RSD、カウザルギー)とは?

複合性局所疼痛症候群(Complex regional pain syndrome 略称「CRPS」)は、交感神経の過剰な活性化に関っていると考えられる疼痛をいいます。

認定される可能性のある後遺障害等級

等級 後遺障害
7級4号 軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの
9級10号 通常の労務に服することはできるが、疼痛により時には労働に従事することができなくなるため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
12級13号 通常の労務に服することはできるが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの

 

RSDについて

関節拘縮、骨の委縮、皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の委縮)という慢性期の主要な3つの症状も健側と比較して、明らかに認められる場合に限り、カウザルギーと同様の基準により、それぞれ第7級,第9級,第12級に認定することになります。

詳しくお知りになりたい場合は交通事故被害者の方への無料相談をご活用ください。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作