茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

高次脳機能障害 医師へ診断書修正を依頼した事例

TOPページへもどる
後遺障害について知る
お問い合わせはこちら

ご相談のケース

被害者様は、交通事故による受傷後、記憶障害や認知能力の低下などが目立つようになり、入通院先の病院では高次脳機能障害と診断されていました。
事故直後からどのように対応したら良いのか分からず、当事務所にご相談にお越しになりました。

当事務所でお話を伺い、本件では事故直後からの対応が必要であると判断し、通院治療継続中の段階からご依頼を受けることとなりました。

当事務所での対応

当事務所では、被害者様のご家族から本件事故前後の被害者様の変化を各事情に基づいて詳細に伺い、日常生活状況報告書を整理しました。

これらの事前の事情聴取等を踏まえて、被害者様の診断書等を検討したところ、後遺障害診断書に記載されている事項が、被害者様の正確な病状等が反映されていないおそれがあることに気が付きました。

そこで改めて診断を受けていただき、被害者様の病状についてチェックしてもらったところ、当初の内容から修正が必要であると担当医の方に判断いただき、病状について修正してもらうこととなりました。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作