茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

固定費の損害算定は?

事業所得者の方は、事業を継続する上で、家賃、従業員給料などの様々な経費を支払っています。

事業所得者の方が交通事故に遭い一時的に事業を行うことができなくなった場合、家賃のような経費は休業中も支払続けなければ契約を解除されてしまい将来的に事業を継続していけない場合があります。

このように、事業を維持継続するために支払が避けられない経費は、固定費として、休業損害に含めて保険会社に賠償を求めることができます。

 

固定費かどうかは、事業の内容・性質、経費の種類などから判断されます。

固定費とされやすい例としては、従業員の給料、地代家賃、減価償却費、公租公課などが挙げられます。

光熱費など、事業を行わなければ支出する必要がない経費は、変動費として休業損害に含めることは難しいでしょう。

 

一般的には固定費、変動費といいますと売上に関係なく支払われ続けるのが固定費、売上に比例して増加する経費が変動費にあたります。

しかし、損害賠償額の算定においては、事業継続のために支払を余儀なくされるものであれば賠償の対象となります。

ですから、保険会社からこれは変動費にあたるという主張がされたとしても、支払を続けなければ事業を存続することができないときは、それらの事情を示して賠償を求めることができます。

例えば、お歳暮・お中元などは通常交際費として変動費に参入されるところ、保険外交員について、休業中のこれらの支出は事業継続のためにやむをえない支出であるとして賠償を認めた裁判例があります(東京地判平成23年1月26日)。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作