茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

昇格・昇給遅延による損害

給与所得者(いわゆるサラリーマンです)の方が交通事故被害にあった場合の休業損害は,事故前の収入を基礎として,受傷によって休業したことによる現実の収入減とされます。

したがって,事故後も出勤し続け,実際に給与の減少がない場合には,休業損害は発生していないことになります。

もっとも,実際には事故の受傷のために仕事を休みたくとも,代替がきかない役職やプロジェクトを担当しているために,無理をして出勤を続けている,というケースも少なくありません。

では,このようなケースでは何ら休業損害を請求できないかというと,決してそうではありません。

 

例えば,事故が原因で昇給・昇格が遅れた場合には,この昇給等の遅延を損害として請求することができます。

そして,昇給遅延が1年間に限らず,その後も継続する場合には,数年分にわたって損害として請求することが可能です。

年額がそれほど大きくない場合でも,事故時から定年退職までの昇給遅延が損害として認められた場合には,相当な金額となります。

実際に,昇給遅延が損害として認められた事例としては,以下の判例があります。

 

1 福岡地裁小倉支部昭和57年7月28日判決

1年分56,580円を損害として認定

 

2 福岡地裁昭和55年11月4日判決

昭和52年〜通常の勧奨退職年齢である58歳までの分678,893円を損害として認定

 

3 横浜地裁平成9年10月30日

事故による長期欠勤のための現状据え置きとされたこと,昇給遅れが解消するまでに5年間を要するものとして1,200,000円を損害として認定

 

4 長崎地裁平成9年1月29日

60歳定年までの39年間分の昇格昇給遅延の損害として1,242,143円を損害として認定

 

交通事故によって昇格・昇給が遅れてしまった方は,弁護士にご相談することをおすすめします。

当事務所では,初回のご相談は無料で承っております。

また,ご依頼いただいた場合でも,着手金は無料です(弁護士費用特約が付いている場合には特約でご対応いたします)。

まずは当事務所にご連絡ください。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作