茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

眼の調節機能障害

▶ TOPへもどる ▶ 眼のページへもどる

症状

目がよく見えない、ピントを合わせづらい

調節機能障害とは?

眼の調節機能とは、眼に近い物体を見る場合、毛様体の作用によって水晶体がふくらみ、その物体から来た光線が適当に屈折されて網膜に像を結ぶことをいいます。

交通事故による障害として、この調節機能が制限されることがあります。

想定される後遺障害等級

調節機能障害が生じた場合、その程度に応じて以下のように後遺障害等級が認定されます。

等級 後遺障害
11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの

 

著しい調節機能障害を残すものとは?

上記認定基準にある「著しい調節機能障害を残すもの」とは、障害した眼の調節範囲が、障害していない眼の2分の1以下に減じてしまうことをいいます。

2分の1以下かどうかは、障害した眼が1眼のみの場合は、受傷していない他眼との比較により判断します。また、障害のない健眼の調整力が1.5D以下の場合は実質的に調整力が失われていると考えられることから、障害した眼は評価の対象としないことになります。

両眼が障害している場合又は障害した眼が1眼のみであるが障害していない眼の調節力に異常が認められる場合には、年齢別の調節力を示す以下の表と比較して判断します。

年齢 15~19 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54
調節力(D) 9.7D 9.0D 7.6D 5.3D 5.3D 4.4D 3.1D 2.2D

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作