茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

神経症状のケースで,診断書等の記載内容を担当医師に再確認した事例

被害者様は,歩行中に自動車に追突され,「頚椎捻挫」等の傷害を受傷しました。

そして,交通事故による受傷後,手の痺れや痛み,上肢の運動障害等を訴えるようになりました。

当事務所で改めて医療記録等を取り寄せて確認したところ,主に通院していた病院のカルテ上,手の痺れや痛み,上肢の運動障害を訴えている記載は散見されましたが,症状固定時期に関する主治医の見解が一貫していなかったり,症状の重さに関する意見に不足があったりすることが目につきました。

特に,主治医が作成している後遺障害診断書の記載内容との整合性にも問題があるのではないかと思われる点がありました。

そこで,当事務所は,被害者様に同行し,主治医と面談し,後遺障害診断書や各カルテの記載内容との整合性について確認しました。

主治医と直接面談し,当方で考えている各カルテの記載内容の整合性や問題点について確認したところ,主治医の方も誤解している点があったことを認め,被害者様の病状に関する診断書について再度検討していただくこととなりました。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作