茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

運行・運行起因性

自賠法の適否にあたり要件となる「運行」の定義について、自賠法2条は以下のように規定しています。

次に、自賠法2条にいう、「当該装置の用い方」とは何か、が問題となります。
この点について検討した最判昭和52年11月24日は、「自動車をエンジンその他の走行装置により位置の移動を伴う走行態に置く場合だけでなく、固有の装置であるクレーンをその目的に従って操作する場合も含む。」としています。
このような考え方は、「固有装置説」と呼ばれています。
なお、同最判の事例は、以下のとおりです。
田んぼに転落した貨物自動車を道路に引き上げるために、転落現場でクレーン車を用い、引き上げ作業をしていたところ、クレーンのワイヤーが現場上空の高圧電線に接触したため、引き上げ作業をしていた作業員が感電死した。
この事案では、クレーン車に自賠法3条の責任が認められています。
特殊な事案ではありますが、最高裁が自賠法2条にいう「当該装置の用い方」の解釈について判断を示した重要な判例です。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作