茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

雑費の取扱

入院時には、通常の生活で必要な分以上に購入しなければならない物があったりします(これを「入院雑費」といいます。)。

このような場合には、購入費用等の一定限度で賠償が認められる傾向にあります。
また、症状固定後であっても、重度の障害の場合には、通常の生活では不要な物も継続的に購入する必要が出てくる場合もあります(これを「将来雑費」といいます。)。
1 入院雑費
入院雑費の支払基準は以下のとおりです。
入院中の諸雑費として入院1日につき、1,400円〜1,600円
入院雑費に含まれる項目としては、以下のものが挙げられます。
① 日用品雑貨費(寝具、衣類、洗面具、食器等購入費)
② 栄養補給費(栄養剤等)
③ 通信費(電話代、切手代等)
④ 文化費(新聞雑誌代、ラジオ、テレビ賃借料等)
⑤ 家族通院交通費等

なお、家族交通費については、特別な事情があるときは、別途損害賠償が認められることもあります。
2 将来雑費
被害者の方の具体的状況により認められる金額はまちまちとなっており、入院雑費のように定額化しているとはいえません。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作