茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

主婦の証明方法

【ご質問】

私は主婦業をしていますが、今回交通事故に遭ってしまいました。

主婦の場合には家事労働ができなくなった分の休業補償を受けることができると聞きましたが、保険会社の方から、主婦であることが確認できる資料を出してほしいと言われました。

もっとも、主婦業をしているからといってお金をもらっているわけでもありませんので、どうやって主婦であることを証明すればよいのでしょうか。

【回答】

主婦であることは、以下の資料で証明することが考えられます。

 ① 住民票(同居の家族を証明します)

 ② 家族構成票(任意の書式で記載することで足ります)

 ③ 陳述書(家族構成や具体的に担当している家事の内容を記載します)

【解説】

1 主婦とは

主婦であることを証明するためには、そもそも主婦とは何かということを考える必要があります。

この点、主婦とは、「一家の中で家庭生活のきりもりを中心となって行なっている女性」と定義されています。

家庭生活の中を切り盛りするということですが、言い換えれば家事や育児を担当する者、ということになります。

 

2 主婦の証明方法

1人暮らしの場合には家事労働の休業損害を考えることは難しいということは「1人暮らしの場合の休業損害は請求できるか」のページで解説しましたが、逆に言えば、家族と同居している場合には、家事労働の休業損害を考えることができるといえます。

そこで、主婦であることを証明するためには、同居の家族がいることが確認できる資料を提出することになります。

公的な書類として信用性が高いものとしては住民票が挙げられます。

また、自己申告となりますが、本人や親族から、同居の家族構成を記入してもらうという方法もあります(「家族構成票」)。

さらに、同居の家族構成ととともに、具体的な家事労働への支障の内容を明らかにするために、陳述書を提出するという方法もあります。

主婦の休業損害が問題となる事例では、主婦かどうかということだけでなく、休業損害として認められる期間や金額が問題となることも多いといえます。

主婦としての証明とともに、主婦としての休業損害の内容を証明することも意識しましょう。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作