茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

任意保険について

任意保険は、自賠責保険でカバーできない損害を補償するものです。

契約内容によっては、被害者自身が加入している任意保険からも保険金が支払われることがありますので、是非一度ご確認いただくことをお勧めいたします。

以下では、任意保険の特徴についてご説明します。

 

1 示談代行

自動車の所有者が任意保険に加入している場合、保険契約により、通常、任意保険会社が交通事故被害者とするべき示談を代行します。

ご自分に過失が無い場合や、損害賠償額が明らかに自賠責保険の支払額内でおさまる事故には適用されませんので、このような場合、相手方との交渉はご自分ですることになります。

 

2 一括払い制度

また、任意保険会社が、自賠責保険会社の負担分も含めて、一括して、交通事故被害者に対して補償する扱いになっています。これを、一括払い制度といいます。

一括払い制度は、交通事故被害者の請求手続きの二度手間を回避するためという建前からとられています。

任意保険会社は、一括支払の後、自賠責保険に対し、自賠責保険が支払うべき損害額を求償し回収しています。

 

3 任意保険の支払基準

任意保険の支払基準は、任意保険会社毎に決めておりそれぞれ異なりますが、以下のような傾向が言えます。

 

① 自賠責保険の支払基準との比較

任意保険の支払基準は、自賠責保険の支払基準よりもある程度高額に設定している傾向にはあり、一般的に「任意保険は自賠責保険の上乗せ保険」と言われています。
もっとも、後述する裁判基準よりは一般的に低額と言えます。

また、被害者に過失があるような場合や、受傷と死亡または後遺障害との間の因果関係の有無の判断が困難な場合には、自賠責保険の支払基準による損害額の査定の方が高額になることもあります。

 

② 裁判基準との比較

裁判基準は、主に「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部)に基づいて算定される基準を言います。
裁判基準は、任意保険の支払基準よりも高額であることが一般的です。

「死亡」、「重度の後遺障害(後遺症)」事案のように、交通事故被害者の損害額が高額な事案になればなるほど、金額の差が大きく出ることになります。場合によっては、数千万円も差が出ることがあります。

より詳しくはこちらをご参照ください。

 

 4 任意保険会社との示談について

任意保険会社との示談が成立すると、それ以上損害賠償を請求できないことが原則となります。

したがって、損害額が高額になる事案であるほど、任意保険会社と示談するよりも、裁判での解決の方が、より高額な賠償額を受け取ることができる傾向にあります。

 

5 弁護士費用等補償特約について

弁護士費用等補償特約をつけていれば、法律相談や示談交渉、訴訟にかかる弁護士費用が補償されます。

全額補償されるわけではなく、限度額が設定されていることにはご留意ください。

もっとも、損害額が高額でない場合には、弁護士費用等補償特約の枠内で足り、一切弁護士費用がかからないことが大半です。

まずは保険会社に確認することをお勧めいたします。

詳しくはこちらをご参照ください。

6 任意保険の種類について

任意保険は現在いくつも種類があり、非常に複雑になっています。

以下では、主な分類に応じて、代表的な保険をご紹介します。

 

① 対人賠償保険

被保険者の所有、使用または管理に起因して、他人の生命または身体を害し、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害の填補を目的とする保険です。

② 対物賠償保険

自動車の所有、使用または管理によって、他人の財物を損傷させ、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担した場合に、これによって被る損害を填補する保険です。

③ 自損事故保険

自損事故保険は、自動車事故によって死亡した場合、後遺障害が残った場合、または傷害を被った場合で、単独事故や、加害者に自賠法上の責任追及ができないときに支払われる保険です。

④ 無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、被保険者が人身事故で死亡または後遺障害の損害を被った場合に、加害者が対人賠償保険に加入していなかったり、加入していても保険金額が低いために十分な賠償を受けられなかったりしたときなどに、保険を付保した保険会社が加害者に代わって被保険者に対し保険金を支払うという損害填補型の傷害保険です。

⑤ 搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、契約車の搭乗者が搭乗中に生じた事故により傷害を受けた場合に一定金額が支払われる定額給付型(実際の損害額ではなく、契約で定められた金額が給付されるタイプ)の保険です。

⑥ 人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、被保険者自身が、いわゆる人身傷害事故により被った損害について、責任の確定や過失割合の決定を待たずに、保険契約(約款)上の損害額の算定基準により算定された金額が支払われる保険です。

⑦ 車両保険

車両保険は、自動車に損害が生じたときに保険金が支払われる、自動車の所有者を被保険者とする保険です。多くの任意保険では、必ずセットになっているものではなく、希望する場合に限り付帯されます。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作