茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

Q&A

交通事故についてよくあるご質問を掲載しています。交通事故についてより詳しくお知りになりたい場合は交通事故の知識をご覧ください。

事故を起こした時の処置

  1. 万が一交通事故に巻き込まれて被害者になってしまった場合、どうすればよいでしょうか。
  2. 万が一交通事故を起こして加害者になってしまった場合、どうすればよいでしょうか。

 

事故と損害賠償責任

  1. 駐車車両に追突するという事故を起こしてしまいました。駐車車両に対して損害賠償請求をすることはできるでしょうか。
  2. 私は従業員数十名の会社を経営しています。会社では、勤務時間外に当社の自動車を無断私用運転することを厳重に注意していました。ところが、ある日、従業員が会社の自動車を無断で私用運転し、人身事故を起こしてしまいました。当社は、この場合にも損害賠償責任を負わなければならないのでしょうか。
  3. 当社の従業員がマイカーで事故を起こしてしまった場合、当社が損害賠償責任を負うことはあるのでしょうか。
  4. 私の高校生になる子供がバイクで人をはねてしまう人身事故を起こしてしまいました。被害者の方からは、親の私が責任を負うべきだと言われているのですが、どうしたらよいのでしょうか。
  5. バイクを運転して国道を走行中に、道路に凹凸があったために転倒し、バイクが壊れてしまったほか、私も骨折してしまいました。国が道路を適切に管理していればこのような事故はなかったと思います。国に対して責任を追及することはできないのでしょうか。

 

損害賠償の範囲と損害額の算定方法

  1. 交通事故の損害賠償請求をしたいと考えていますが、どのような請求ができるのでしょうか。
  2. 交通事故に遭ったために入院してしまいました。入院中にかかった寝具代や洗面具の購入代、電話代なども請求できるのでしょうか。
  3. 入通院を繰り返していたために仕事を大分休んでしまいました。仕事ができなかった分の給料を請求することはできるのでしょうか。
  4. 追突事故を起こしてしまいました。全面的に私が悪いのですが、自動車の前部が少しへこんだ程度の軽微な事故だったにもかかわらず、被害者の方はまだ痛みが残っているなどと言って、3年以上も通院しています。私は、被害者の方が主張するすべての損害を負担しなければならないのでしょうか。
  5. 信号で停車中に、後方から追突されてしまいました。その後、「むち打ち症」と診断され、現在も通院していますが、どうしても痛みがとれません。この場合、後遺症として認められるのでしょうか。
  6. 家族が交通事故に遭い、意識不明の状態が何日間も続きました。その後、幸いにも意識を回復したのですが、物忘れがひどくなり、新しいことも覚えられなくなってしまいました。これは、後遺症として認められるのでしょうか。
  7. 私の家族が、交通事故が原因で寝たきりの状態になってしまいました。回復の見込みはないと言われています。どのような損害を請求すればよいでしょうか。
  8. 入院治療をしていますが、治療費のほかに、特別室使用料や飲食費、新聞代、貸テレビ料や担当医への謝礼なども請求できるのでしょうか。
  9. 健康保険を使用せずに自由診療で治療しているのですが、自由診療だと健康保険を使用した場合よりも治療費が高額になることがあると聞いています。自由診療であっても、治療費は全て損害として認められるのでしょうか。
  10. 家族が交通事故で入院してしまい、身体の自由が利かないので身内で付き添って介護しました。このような場合に、付添費として請求できるのでしょうか。
  11. 家族に重度の後遺障害が残ってしまい、将来にわたって介護をしなければならなくなりました。将来の介護費用を請求できるのでしょうか。
  12. 弁護士に依頼して裁判をしたいと考えていますが、弁護士費用を請求することはできるのでしょうか。
  13. 当社の営業部長が交通事故に遭い、当社の営業成績が著しく悪化してしまいました。この場合、当社の収益減少部分も、損害として認められるのでしょうか。
  14. 私は在留期間を過ぎて日本に滞在して働いている、いわゆるオーバーステイの外国人ですが、先日交通事故に遭ってしまいました。オーバーステイになっていると、なにも請求できないのでしょうか。
  15. 加害者に対して損害賠償を請求したいのですが、事故後に受け取ったお金があれば、請求額から控除されるとも聞きました。具体的にはどういうことなのでしょうか。
  16. 交通事故に遭ってしまい、買ったばかりの新車が壊れてしまいました。この場合、物損としてどのように、いくら請求できるのでしょうか。
  17. 保険会社から、「過失相殺」をすると言われました。「過失相殺」とは何でしょうか。

 

保険金の制度と請求の手続

  1. 自賠責保険に入らなければ自動車を運転できないと聞いていますが、自賠責保険とは何でしょうか。
  2. 自動車保険には自賠責保険と任意保険があるそうですが、任意保険とはどのようなものでしょうか。

 

紛争の解決方法

  1. 加害者の方が自分の非を認めてくれずに、なかなか話し合いが進みません。示談がうまく進まない場合は、どうすればよいでしょうか。

 

行政処分

  1. 交通事故を起こした場合、免許の取消や停止といった行政処分を受けると聞きました。主な行政処分にはどのようなものがあるのでしょうか。
  2. 免許の取消・停止処分とは、具体的にどのような基準で行われるのでしょうか。
  3. 交通事故を起こしたために免許取消処分を受けてしまいました。ですが、今回の事故は、相手方が急に飛び出してきたために起きたものですから、この処分には納得できません。どうやって不服を申し立てれば良いのでしょうか。

 

刑事処分

  1. 交通事故を起こしてしまった場合、どのような刑事責任を負うのでしょうか。
  2. 無免許運転やスピード違反等、交通違反を犯してしまった場合には、どのような刑事責任を負うのでしょうか。

 

事務所について

  1. 日立事務所のビルのシャッターが閉まっていました。どう入ればいいですか?
  2. 駐車場はありますか?

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作