茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

咀嚼機能障害

▶ TOPへもどる ▶ 口のページへもどる

症状

口が開かない、開けにくい

想定される後遺障害

咀嚼機能障害は、その程度に応じて以下の後遺障害等級が認められます。

等級 後遺障害
1級 2号 そしゃく及び言語の機能を廃したもの
3級 2号 そしゃく又は言語の機能を廃したもの(嚥下の機能を廃したもの)
4級 2号 そしゃく及び言語の機能に著しい障害を残すもの
6級 2号 そしゃく又は言語の機能に著しい障害を残すもの(嚥下の機能に著しい障害を残すもの)
9級 6号 そしゃく及び言語の機能に障害を残すもの
10級 3号 そしゃく又は言語の機能に障害を残すもの(嚥下の機能に障害を残すもの)

 

咀嚼機能を廃したもの

流動食以外は摂取できないものをいいます。

咀嚼機能に著しい障害を残すもの

粥食又はこれに準じる程度の飲食物以外は摂取できないものをいいます。

咀嚼機能に障害を残すもの

固形食物の中に咀嚼ができないものがあること、または咀嚼が十分にできないものがあり、そのことが医学的に確認できる場合をいいます。

医学的に確認できる場合とは、不正咬合、咀嚼関与筋群の異常、顎関節の障害、開口障害、歯牙障害等咀嚼ができないものがあること、または咀嚼が十分にできないものがあることの原因が医学的に確認できることをいいます。

固形食物の中に咀嚼ができないものがあるとは、例えば、ご飯や煮魚など比較的柔らかいものは咀嚼できるが、たくあんやらっきょ、ピーナッツ等の一定の堅さの食物中に咀嚼できないものがあること、または咀嚼が十分にできないものがあることをいいます。

なお、上記の認定基準には該当しないものの、開口障害等を理由として、咀嚼に相当時間を要する場合は、12級相当の認定を受ける可能性があります。

開口障害等を原因として、とは,開口障害、不正咬合、咀 嚼にかかる筋肉の脆弱化等を原因として、咀嚼に相当時間を要することが医学的に確認できることをいいます。

そして、この咀嚼に相当時間を要する場合とは、日常の食事において咀嚼はできるものの、食物によっては咀嚼に相当の時間を要することがあることをいいます。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作