茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

まぶたの欠損障害

▶ TOPへもどる ▶ 眼のページへもどる

症状

まぶたが欠損して、まぶたを十分に閉じることができない。まつげのはげを残している(まぶたの欠損障害)

原因・説明

まぶたを欠損したために、まぶたを普通に閉じても、角膜(*図)やしろめを覆うことができない場合、その程度に応じて、後遺障害等級が認定されます。

まぶたの欠損は、外貌の醜状障害としても評価され、いずれか上位の後遺障害等級が認定されることになります。また、まつげのはげは、まぶたの周縁の2分の1以上にはげを残すものに限って後遺障害等級が認定されます。

想定される後遺障害等級

まぶたの欠損障害に対しては、その程度に応じて以下の後遺障害等級が認定されます。

等級 後遺障害
9級4号 両眼の瞼に著しい欠損を残すもの
11級3号 1眼の瞼に著しい欠損を残すもの
13級4号 両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの
14級1号 1眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの

 

瞼に著しい欠損を残すものとは?

瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆い得ない程度のものをいいます。

瞼の一部に欠損を残すものとは?

瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆うことができますが、球結膜(しろめ)が露出している程度のものをいいます。

睫毛はげとは?

睫毛のはえている周縁の2分の1以上にわたって睫毛のはげを残すものをいいます。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作