茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

耳の欠損障害

▶ TOPへもどる ▶ 耳のページへもどる

症状

耳の軟骨部が欠けてなくなった(耳殻の欠損)

原因・説明

耳介の欠損は、「1耳の耳殻の大部分を欠損したもの」と判断される場合、第12級4号として認定されます。なお、「大部分を欠損した」とは、耳介の1/2以上を欠損したものをいいます。

また、これは1耳についての基準ですので、両耳を欠損した場合はそれぞれの耳について等級を定め、これを併合することになります(併合11級)。 

もっとも、耳介の欠損は「外貌の醜状障害」に該当する可能性もあります。すなわち、耳介の1/2以上を欠損した場合には「著しい醜状」として扱われ、7級12号に該当します。また、耳介の一部を欠損した場合には、単なる「醜状」として扱われ、12級14号に該当します。

この点、耳介の1/2以上を欠損した場合、耳介の欠損に関する認定と、外貌の著しい醜状障害に関する認定のどちらが適用されるかについては、労災認定基準では、外貌の醜状障害として7級で認定すると説明されています。

そして、自賠責保険においても、労災認定基準に準じて判断されると考えられるため、7級として認定されることになります。

想定される後遺障害等級

 

等級 後遺障害
7級12号 著しい醜状
12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
12級14号 醜状

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作