茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

交通事故発生から解決までの流れ 7 解決結果選択のポイント

7 解決結果選択のポイント

□ 示談による解決

後遺障害等級の認定結果を争わない場合,通常は損害賠償額を確定することができます。

この段階で,加害者に対し,損害賠償額を請求し,示談交渉を進めていくことが一般的です。

加害者本人ではなく,加害者加入の保険会社と交渉する場合,保険会社の担当者によっては,慰謝料や休業損害等を裁判基準全額で払うことはできないと主張することもあります。

早期解決も無視できない要素ですから,依頼者とよく協議した上で,示談による早期解決を図るか,その他の手段による増額を図るかを検討しましょう。

 

□ ADRによる解決

ADRによる解決方法として,①(財)交通事故紛争処理センター(通称「紛セ」),②(財)日弁連交通事故相談センター(N-TACC),③弁護士会の仲裁センター,が挙げられます。

いずれも利用にあたっては一定の条件がある点に注意が必要です。

後遺障害等級の認定結果には争いがなく損害額の評価が争点の中心となっているような場合や,示談交渉では進展がない場合,ADRによる解決方法も有効な選択となります。

 

□ 裁判による解決

後遺障害等級の認定結果自体に争いがあったり,事故態様の主張自体に大きな隔たりがあったりする場合,示談交渉やADRでは適切な解決が期待できません。

この場合には,訴訟を選択することになります。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作