茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

主婦の後遺障害慰謝料の計算方法

【ご質問】

私は主婦をしていますが、交通事故被害に遭ったために、後遺障害が残ると言われてしまいました。

後遺障害の程度もわかりませんが、もし後遺障害が残っていると認められると、損害賠償の金額も変わってくるのでしょうか。

【回答】

後遺障害が残存しているとして後遺障害等級が認定された場合、後遺障害慰謝料が加算されることになります。

後遺障害等級は1級から14級までありますが、各等級によって認められる後遺障害慰謝料は以下のとおりです(いずれも裁判基準を前提としたものです。なお、個別の事情によっては増減額がありえます)。

第1級

第2級

第3級

第4級

第5級

第6級

第7級

2800万円

2370万円

1990万円

1670万円

1400万円

1180万円

1000万円

第8級

第9級

第10級

第11級

第12級

第13級

第14級

830万円

690万円

550万円

420万円

290万円

180万円

110万円

 

【解説】

1 交通事故における後遺障害慰謝料

交通事故被害に遭った場合、入通院治療を余儀なくされたばかりか、長期の治療を行っても症状が完治せず、障害が残ってしまうこともあります。

このように、後遺障害が残ってしまった場合には、後遺障害による肉体的・精神的苦痛への慰謝のために、傷害慰謝料とは別に、後遺障害慰謝料が認められることになります。

2 後遺障害慰謝料の算定方法

後遺障害慰謝料は、後遺障害の等級に応じて算定されることになります。

後遺障害は、重いものから軽いものに応じて、1級から14級までに分類されます。

上記に示した一覧表は、後遺障害等級に応じた裁判基準での後遺障害慰謝料になります。

例えば、もっとも軽い後遺障害等級である14級の場合には、傷害慰謝料とは別に、後遺障害慰謝料110万円が認められることになります。

3 主婦の場合の後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、被害者の職業等によらずに認められるものです。

したがって、被害者が主婦の場合であっても、後遺障害等級に応じた後遺障害慰謝料が認められることになります。

4 後遺障害慰謝料の修正

ただし、後遺障害慰謝料は、常に上記の裁判基準による一覧表の金額通りが認められるとは限りません。

後遺障害等級の程度や後遺障害の内容、被害者の家族関係等によっては、後遺障害慰謝料が増額されることもあります。

例えば、醜状障害の後遺障害の場合、後遺障害逸失利益が認められない代わりに、後遺障害慰謝料が増額されるケースなどがあります。

個別の事情によって後遺障害慰謝料が増額できることもありますので、安易に判断しないようにしましょう。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作