茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

専業主婦の遺失利益

実は専業主婦の方の遺失利益は高額になるケースが多くあります。

そもそも、仕事をしていない専業主婦の遺失利益は認められるのでしょうか?

はい、認められます。
専業主婦の遺失利益は女性の平均賃金(年間約350万円程度)を基準に算出されるからです。

むしろ、仕事をしている方より専業主婦の遺失利益の方が認められやすい場合があります。

仕事をしている場合、後遺症を負っても無理をして働いてしまうため、その分の賃金がマイナスされてしまうからです。

ただし、あくまで自分以外の他者の為に家事を行っていることが利益としてみとめられる要件となりますので、一人暮らしの女性の場合は上記の様に認められないことがあります。

もっとも、一人暮らしであっても何らかしらの理由で他者のために家事を行っていた場合はこの限りではありません。

また、後遺障害が認定されるケースは、遺失利益は大きく認められなくとも、治療費等が高額となってきますので、損害額が大きくなります。

このような場合には弁護士に依頼し、適正な損害額(詳しくはこちらのページの「もし弁護士費用特約がついていたら?迷っていないで弁護士を使う!」を参照ください)を交渉していくことが全体として有利となる場合があります。

事案により損害額の見込みが変わってきますので、お気軽にご相談ください。

ご相談のご予約はこちらからお願い致します。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作