茨城で交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

【動画】弁護士が解説 通院治療を継続するために押さえておきたい3つのポイント

2021-11-06

当事務所では、YouTubeチャンネル「リーガルメディア企業法務TV」にて、弁護士が解説する様々な動画を配信しています。

今回は「通院治療を継続するために押さえておきたい3つのポイント」を解説します。

動画の詳細

交通事故被害に遭ってしまい怪我を負ってしまった場合には入通院治療が必要になります。

交通事故の多くのケースでは、加害者が加入する保険会社に通院治療費を立て替えてもらうことになります。

もっとも、被害者が十分に回復していないにもかかわらず治療費の立替払いを中止されてしまったり、場合によっては当初から治療費の支払いに応じてもらえなかったりするというケースもあります。

このように、交通事故被害に遭いながら、十分に治療費の補償を受けることができないケースは、いくつかの要因があります。

この動画では、交通事故被害者が適正な補償を受けることができるようにするために押さえていただきたい3つのポイントを解説します。

この動画をみていただくことで、

  1. なぜ治療費の支払いが中止されるのか
  2. 事故直後に通院する必要があるのか
  3. 診断書には何を書いてもらうべきなのか

を理解することができます。

チャプター 

  • 00:00:ごあいさつ
  • 00:48:本動画でお伝えしたいこと
  • 01:11:なぜ治療費の支払いが中止されるのか
  • 03:38:治療費の扱い
  • 06:04:事故直後に通院する必要があるのか
  • 09:54:診断書には何を書いてもらうべきなのか
  • 12:20:治療費の支払いを中止された場合の対応
  • 14:01:まとめと振り返り
  • 15:11:弁護士法人長瀬総合法律事務所のサポート内容

リーガルメディア企業法務TV チャンネル登録はこちら

メールマガジン登録はこちら

お問い合わせ・無料法律相談

LINEで面談予約ができるようになりました

セミナー紹介

メディア掲載

求人特設サイトはこちら

解決事例

皆様の声

整骨院・接骨院様向け 柔道整復師顧問サービス

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル「リーガルメディア企業法務TV」

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作