茨城で交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

【動画】弁護士が解説 むち打ち損傷で後遺障害が否定される4つのパターン

2021-11-02

当事務所では、YouTubeチャンネル「リーガルメディア企業法務TV」にて、弁護士が解説する様々な動画を配信しています。

今回は「むち打ち損傷で後遺障害の認定が否定される4つのパターン」を解説します。

動画の詳細

交通事故の多くは追突事故と言われています。追突事故被害に遭った場合、被害者の大半は「頚椎捻挫」、「腰椎捻挫」など、いわゆるむち打ち損傷を受傷する傾向にあります。

むち打ち損傷の被害にあった場合でも、6ヶ月以上通院治療を継続しても、なおも頚部や腰部の痛みが回復しないこともあります。

このように痛みが長期化する場合には、神経症状が残存しており、後遺障害等級が認定される可能性があります。

もっとも、鞭打ち損傷の被害に遭い、なおも痛みが継続していても、すべてのケースで後遺障害が認められるわけではありません。

この動画では、交通事故でむち打ち損傷を負った方が、後遺障害等級の申請を検討する上で押さえていただきたいポイントを解説します。

この動画をみていただくことで、

  1. むち打ち損傷で後遺障害が否定される4つのパターン
  2. むち打ち損傷における後遺障害等級認定のポイント
  3. 通院治療上の注意点

 を理解することができます。

チャプター 

  • 00:00:ごあいさつ
  • 01:03:むち打ち損傷で想定される後遺障害等級
  • 02:27:後遺障害等級が認定された場合の損害額
  • 05:18:後遺障害が否定される4つのパターン
  • 08:35:後遺障害認定のポイント(むち打ち損傷)
  • 16:27:弁護士法人長瀬総合法律事務所のサポート内容

リーガルメディア企業法務TV チャンネル登録はこちら

メールマガジン登録はこちら

お問い合わせ・無料法律相談

LINEで面談予約ができるようになりました

セミナー紹介

メディア掲載

求人特設サイトはこちら

解決事例

皆様の声

整骨院・接骨院様向け 柔道整復師顧問サービス

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル「リーガルメディア企業法務TV」

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作