茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

【物損】 過失割合90:10→95:5へ変更(弁護士費用特約案件)

 過失割合90:10→95:5 へ変更

【事案の概要】

本件は,丁字路を直進走行中,左方から左折進入してきた相手方車両に衝突されてしまい,車両を破損したという物損事故事案です。

 

相手方保険会社からは,依頼者:相手方=1:9の過失割合を主張していましたが,依頼者の方はどうしても納得することができず,当事務所にご相談に来られました。

本件では弁護士費用特約が利用できたことから,ご依頼にあたり弁護士費用の負担がないことをご説明した上で,過失割合の変更を最優先する方向で交渉を進めることとしました。

 

当事務所で受任後,直ちに相手方保険会社に受任通知を送付し,資料の開示を求めました。

また,資料の開示後,当方で警察署に「物件事故報告書」の取り寄せを行い,本件事故の態様を精査しました。

そして,当事務所で検討した結果を踏まえて相手方保険会社と交渉を重ねたところ,過失割合を90:10=95:5に変更することで合意に至りました。

 

交通事故被害に遭われた方にとって,相手方保険会社との交渉も相当な負担となります。

弁護士に依頼することのメリットは,示談金額の増額だけではなく,交渉の負担から解放され,迅速な解決を実現できることにもあります。

特に,弁護士費用特約を利用できる方は,弁護士費用の負担がなくこれらのメリットを得ることができるため,是非弁護士へのご相談をお勧めします。

 

詳しくは交通事故被害者の方への無料相談をご活用ください。

*的確なアドバイスのため、お電話のみでのご相談は受け付けておりませんので予めご了承くださいませ。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作