茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

家事従事者の休業期間

家事従業者の休業損害請求でしばしば問題になるのは、休業期間です。

給与所得者や自営業者では、実際に労働を行なえず、就業・営業できなかった期間が休業期間となりますので、その期間は比較的明白です。

しかし家事従業者は家事ができるかできないかの判定が困難であり、実際に従事したのかどうかも外部から明らかではありません。

したがって、その期間が保険会社との争いになってきます。

 

この点、家事労働者は通常の労働者と異なり、家から出ることなく従事でき、また現代は家電製品も充実しているため、通常労働より負担が少ないと捉えられています。

そのため、通常労働はできないが家事労働なら行うことができるという認定が行われることがあり、通常の労働者と比べて休業期間は制限されやすくなってしまいます。

特に、ムチ打ちなどでは症状固定日まで一切家事ができない状態が続いていたとは考えにくく、「どの程度家事が制限されていたか」を評価する割合的算定がされやすい傾向があります。

 

これらの不利益を回避するために、医師の診断書をしっかり記録し、家事に従事できなかったという証拠を残しておいたり、弁護士に相談したりして対応を考えておきましょう。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作