茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

家族が従業員として働いている場合の基礎収入の算定方法

個人名で事業を営んでいる者、いわゆる事業所得者の方が交通事故に遭ってしまった場合の休業損害は、

青色申告の方:(事故前年の確定申告所得額+青色申告控除額)÷365×休業日数

白色申告の方:(事故前年の確定申告所得額+専従者控除額)÷365×休業日数

という式で算出されるのが原則です。

 

しかし、事業所得者の方は、しばしば家族従業員等と共に事業を行っており、申告された所得全てがその方の努力によるわけでない場合があります。そこで、そのようなときは、申告した所得に対する被害者の方の貢献割合を「寄与率」として算出し、申告した収入額にその割合を乗じた額を基礎収入と考えます。

ただし、交通事故により被害者の方の営業が完全にストップしてしまった場合、例えば家族と共にレストラン営業をしていたが事故により閉店せざるを得なくなったような場合は、寄与率は100%になります。

では家族の方に給料を支払っていた場合はどうなるでしょうか。

給料が家族の方の勤労に見合った額であれば、そのまま申告額に基づいた計算を行います。

しかし、自営業の方は、形式的にだけ家族を雇用している事にして、経費を水増しし、所得を低く抑えている方がよくいらっしゃいます。そのような方は、申告所得通りの額で計算をすると十分な賠償が得られません。

そこで、家族の就労実態がないか、あるいは給料に見合った額の勤労がされていないことを示して、家族に支払ったとされる給料分を申告額に加えた額を基礎収入であると主張することができます。

しかし、低い所得額を申告をしたことはある意味自業自得な要素もありますから、この主張を行うにはかなり確実性の高い立証が要求されます。このようなケースである場合、保険会社も強気になり確定申告に基づく賠償額に固執することが予想されますので、弁護士を間に入れつつ交渉を行うことをお勧めします。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作