茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

生徒・学生の休業損害はあるのか?

生徒・学生の方は基本的に金銭収入を得ていませんので、休業損害はありません。

しかし、休業損害を認めないと不公平な場合がいくつかあります。

 

ひとつは、アルバイトをしている学生です。

そのような学生は、アルバイト収入を基礎として休業損害を請求できます。

しかし、学生は学校での授業や試験と兼ね合いをしつつアルバイトをしていますので、安定した雇用状況の下で働いているとは言えません。

ですので、過去の当該学生の労働状況や、試験日程なども考慮して、現実的な就労予想時間を判断することになります。

例えば、裁判例では、大学に通いつつ、ラーメン屋で過密なスケジュールで働いていた学生の休業損害について、市通学時間や講義の時間帯から考えると、同様のペースで働き続けられるとは考えられないとして、基礎収入を事故前の4分の3と認定したものがあります(東京地判平成14年4月18日)。

 

ふたつめは、事故による治療が長期間に渡り、卒業や就職が遅れてしまった場合です。

そのようなときは、その遅れてしまった期間分、労働により給料を得られたはずですから、その分が損害として認められます。

その額は、年齢別・学歴別の平均賃金に基づいて計算されます。

例えば、通常の大学生であれば、大卒かつ20〜24歳の労働者の平均賃金により賠償を受けます。

また、すでに就職先に内定を得ていて、就職先の給料が明らかであった場合など、損害額が明確に算定できる場合はその額によります。

 

しかし、就職遅れというのはときに人生に大きな影響を及ぼすことがあります。

将来の高給が見込める職業に就くことが明確な方は、若い年代での平均賃金を休業損害とすると、その損害を埋め合わせられるのに足りない場合ことがあります。

このような損害は休業損害ではなく逸失利益として主張することができる場合があります。

裁判例では、医学生の就労遅延につき全年代の医師の平均給与を基礎として逸失利益を算定したものがあります。

 

学業中に事故に遭われてしまい、損害額についてお悩みの方は、お気軽に当事務所にご相談下さい。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作