茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

症状固定とは

「症状固定」とは、

①傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法(以下「療養」という。)をもってしても、その効果が期待し得ない状態(療養の終了)で、
かつ
②残存する症状が、自然経過によって到達すると認められる最終の状態(症状の固定)に達したとき
を言います。
自賠責保険における後遺障害等級は、
①支払の限度額(自賠法施行令2条)
②能力喪失率(自賠法16条の3、支払基準別表1)
③慰謝料額(同支払基準)
を決定するために認定されます。
実際の損害賠償の交渉の際にも,具体的にいつの時点で「症状固定」に至ったか,という点で争われることがあります。
「症状固定」時期が争点になった場合には,医師の見解が重要になります。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作