茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

給与所得者の休業損害ー昇給を考慮して基礎収入を認定する場合

休業損害は、「1日当たりの基礎収入(交通事故前3か月分の現実の収入÷90)×休業日数」という式で求められます。

ここで、給与所得者である被害者が勤務先で昇給することが確実である場合、休業損害の中に昇給分も含めて基礎収入とすることができます。

 

ただ、昇給が確実であることや、細かい昇給金額など、勤務先の昇給基準などの証拠から具体的に昇給分を立証する必要が出てきます。

これについて最高裁判例は、「昇給が証拠に基づいて相当の確かさをもって推定できる場合には,昇給回数,金額等を予測し得る範囲で控えめに見積もってこれを基礎として将来の得べかりし所得額を算定することも許される」としています(最判昭和43年8月27日)。

一般的には、公務員や大企業など、昇給基準が明確な職種である場合に認められやすいと言えます。

高度成長期と違い、現代では不景気により将来の昇給が不確実となっていますので、明確な基準がない民間企業にお勤めの場合、そのような証明は難しくなってきております。

 

一例として、近年の下級審判例で、銀行員の32歳の男性につき、同期社員その後の昇級状況から症状固定日まで年5%の給料の上昇を前提とした基礎収入に基づき休業損害を算定したものがあります(東地判平成16年12月21日)。

 

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作