茨城、つくばで交通事故のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

難聴

▶ TOPへもどる ▶ 耳のページへもどる

症状

耳が聞こえない、聞こえにくくなった(聴力障害)

原因・説明

頭部外傷による聴力障害の原因は、複雑であることがよくありますが、代表的には、以下のようなものがあります。

内耳震盪(ないじしんとう)

内耳のリンパ液が振動するもの

耳小骨転位(びしょうこつてんい)

耳小骨の連結に異常が生じたり、はずれてしまったりしたもの

外リンパ漏(がいりんぱろう)

蝸牛窓や前庭窓が破裂して外リンパ液が中耳に流れ出るもの

側頭骨骨折(そくとうこつこっせつ)

側頭部を構成する骨の骨折

後迷路性難聴(こうめいろせいなんちょう)

内耳より奥、つまり、聴神経から脳に至る聴覚伝導路のいずれかが障害されたもの

想定される後遺障害等級

両耳の聴力障害

両耳の聴力障害については、後遺障害等級は以下のとおりです。

等級 後遺障害
4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
7級2号 両耳聴力が40cm以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの
7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することがでない程度になったもの
9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

 

片耳の聴力障害

片耳の聴力障害については、後遺障害等級は以下のとおりです。

等級 後遺障害
9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11級6号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

長瀬総合法律事務所Youtubeチャンネル

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市

後遺障害の取扱い

・蔓延性意識障害・脊髄損傷・高次脳機能障害・CRPS(RSD,カウザルギー)・むちうち・末梢神経障害・麻痺・てんかん・非器質性精神障害・頭痛・醜状障害・脊髄障害・視力障害・調節機能障害・運動機能障害・複視・視野障害・外傷性散瞳・流涙・まぶたの欠損障害・咀嚼機能障害・舌の異常・嚥下障害・味覚障害・言語の機能障害など

お問い合わせ・無料法律相談

総合サイトへ

弁護士専門ホームページ制作